体験入店で確実に

仕事を始めるにあたって、面接試験を受け、それにパスすることが必要になるケースは、風俗業界に限らず、一般的に見受けられます。ただ、風俗の業界内では、面接に加えて、体験入店を経て仕事を始めることになる場合も多く存在します。

体験入店では、読んで字のごとく、そのお店に入って仕事の体験をする中で、お店の特徴や客入り、客層などをチェックすることもできます。とは言うものの、とりあえず面接だけ受けるということも、もちろん可能になります。ただ、風俗の仕事を始めるにあたって、条件の良いお店を選ぶためには、面接を受けるだけではなく、体験入店をするのもおすすめの方法です。

参考HP〔十三店のご案内 | 大阪の風俗求人サイト【熟女家】〕

「百聞は一見に如かず」などのことわざもあるように、面接でスタッフから話を聞くだけよりも、体験入店をした方が、お店の特徴も把握しやすくなります。また、体験入店で働いた分の給料は、日払いで受け取ることができるので、手っ取り早くお金が手に入るというメリットもあります。

そのように、体験入店をする場合には、待機場所や仕事の流れをチェックすることも可能です。それらの事柄は、業界だけではなく、お店によっても違いがあるので、メモを取って覚えておくようにしましょう。

友達の紹介で楽しく働く

同じ風俗業界で働いている友だちがいる場合には、その女の子からお店を紹介してもらうという方法もあります。友だちの紹介によって入店する場合、飛び込みの女の子よりも有利な条件で面接を受けることができ、高い確率で採用されるのはもちろんのこと、業界だけではなく職場も同じくして働き、楽しく仕事をすることも可能になるというメリットがあります。また、風俗嬢としては先輩にあたる友だちは、仕事に関するさまざまな質問や相談をして、回答やアドバイスを受けることもできます。

特に、業界未経験の女の子にとって、初めて取り組むこととなる風俗の仕事には、分からないことだらけで、右も左も分からない状態にあります。そのような状況の中で、数多くのミスを犯していると、お客さまからクレームが入ったり、お店のスタッフから注意を受けたりしてつらい思いをするばかりか、それが原因で風俗の仕事をするのが嫌になってしまうことにもなり兼ねません。

そういった場面で、心強い味方となってくれるのも、自分と同じように風俗の仕事をしている仲間の存在と言えます。仕事仲間とは、お互いの愚痴を聞いて励まし合ったり、職場での成績を競い合ったりすることも可能になります。